【メンタルヘルス編】 慢性疾患はDTxと相性が良い

【メンタルヘルス編】 慢性疾患はDTxと相性が良い


DTxは特に慢性疾患に効果が高いとされています。なぜならば、慢性疾患は医師のもとに通い定期的に処方薬や治療の教育を受けることはもちろんですが、定期診察の合間で医師や医療スタッフが不在の「診療空白期間」でも、治療プログラムや薬の摂取を医師の指示通りに実践することが重要だからです。DTxは、この診療空白期間における治療を代行し、次回の診察迄のデータを保存し、診察に役立てます。
また、疾患の原因には、身体的なものと心理的なものがあります。身体的な所見に対しては診察時に様々な治療を施しますが、疾患によっては処方薬や治療機器による短期の治療が難しいものがあり、DTxを併用することがあります。また、心理的な所見に対しては診療空白期間でも継続的な対話や教育が必要になってくるので、DTxを併用することがあります。


■メンタルヘルスとは

一般的にメンタルヘルスというものは治療に時間のかかる慢性的な疾患とされていますが、厚労省の運営するメンタルヘルスの総合サイト「みんなのメンタルヘルス」では次のような病名を挙げています。


依存症、うつ病、解離性障害、強迫性障害、睡眠障害、摂食障害、双極性障害(躁うつ病)、適応障害、統合失調症、認知症、パーソナリティー障害、発達障害、パニック障害・不安障害、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、性同一性障害、てんかん


ただし、これらの病名をつけるうえでは原因は問わないことが基本となっています。社会的な環境やストレスの状態も含めて総合的に診断するため、例えば、同じうつ病という診断がついた場合でも、ストレスがきっかけの場合もあれば、体の病気と関係していることもあります。


■メンタルヘルス治療アプリ

さて、メンタルヘルスの治療を行うDTxアプリは多くのものがありますが概ね次のような機能が備わっています。


・症状を改善するためのプログラム
・体温や血圧などの健康情報の記録
・感情の記録
・専任コーチの着任
・メッセージやビデオによるチャット機能
・コーチや医師と記録の共有
・医師の遠隔診察
・薬量の調節
・アラート機能  など

特に、診療空白期間における治療を代行するという意味では、冒頭に挙げた「症状を改善するためのプログラム」が重要な役割を果たします。
このプログラムの多くは認知行動療法に基づいて作成されています。


■認知行動療法とは

認知行動療法とは、厚労省のホームページには次のように記されています。

~出来事-自動思考-感情-行動の相互関係に注目した方法です~
「現実の受け取り方」や「ものの見方」を認知といいますが、認知に働きかけて、心のストレスを軽くしていく治療法を「認知療法・認知行動療法」といいます。認知には、何かの出来事があった時に瞬間的にうかぶ考えやイメージがあり「自動思考」と呼ばれています。「自動思考」が生まれるとそれによって、いろいろ気持ちが動き行動することになります。ストレスに対して強い心を育てるためには「自動思考」に気付いて、それに働きかける事が役立ちます。

プログラムは多くあるためここではうつ病に関するプログラムのほんの一部のみの抜粋となりますが、うつ病では具体的には、次のようなことを行います。

・行動活性化のための活動記録表の記入

・コラム法 考え方(自動思考)の整理のための記入

図は厚労省のホームページより抜粋

■アプリにより認知行動療法プログラムとそのサポートやデータの管理を行う

認知行動療法では上記のような作業を患者が行いますが、実際に行うとなると患者にとっては面倒であったり、これを患者に教育する医療スタッフにも骨が折れることです。これをスマートフォンアプリにより、作業を簡単にし、そのサポートを専用コーチが行うことで、患者は容易に認知行動療法をおこなうことができるようになります。
さらに、医師は診療空白期間に起こっていた身体的、心理的なデータを参照することができるため、処方薬やプログラムの指導の質を上げることができます。

独Mindable https://www.mindable.health/en/product/

■新たなタイプのメンタルヘルスDTx

最近では、認知行動療法にさらにマインドフルネス(認知行動療法の手法の一つ)や瞑想やVRコンテンツを加えたDTxが登場してきています。これらは従来のプログラムよりも治療効果が高まる可能性があるためとても注目されています。


近年、世界各国においてメンタルヘルスの患者の増加が危惧されており、世界保健機関(WHO)は2017年に、世界のうつ病患者は3億2千万人(全世界人口の4%超)以上存在すると発表しています。さらに、別の調査ではメンタルヘルスにより2010~2030年までに世界経済に対し最大16兆ドル(USD)の損失が生じると発表しています。このようにメンタルヘルスの治療や予防に有効なDTxは今後も注目されることは言うまでもありません。


コメントする