東京大学医学部附属病院 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療

東京大学医学部附属病院 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療

東京大学医学部附属病院では世界に先駆けてNASHナッシュ(非アルコール性脂肪肝炎:Non-Alcoholic
Steatohepatitis)専用の治療アプリを用いた臨床研究を開始します。
患者は外来診療時だけではなく、日常生活の中で医学的に適切なガイダンスを受けることが可能になります。
本研究により、食事療法や運動療法や行動療法などの取り組みにおいて、患者は自身の状態にあった医学的なガイダンスをリアルタイムに受けることで、NASH の病態と生命予後の改善が期待されます。

詳細を見る


コメントする